Yamato of Tea お茶の大和 個性豊かな緑茶九州から  メールメール ご意見 お問合せ
       ようこそお茶の大和へ 九州のお茶!! 熊本や鹿児島のお茶や椎茸を、春夏秋冬四季を通じて、ご提案出来たらと考えています。

トップ 茶 話 ギフト 商 品 あたため 話題・情報 相互依存(WinWin)

忙しいからお茶しましょ ブログ
 ティータイム
霞初月 2019 熊本 宅配
配達します
 大和商会 ウイン・ウイン
早春の日差しに誘われ 素敵な家族の素敵な散策
桜の季節を前に(^^♪⇒Tea time
茶話
お茶の大和-お茶と花粉症 豊かな水でティータイム
早春 残寒のみぎり

冬来たりなば春遠からじ

節分
 立春の前日が節分。古代中国では立春、立夏、立秋、立冬の前日に悪鬼邪鬼を追い払う“儺(おにやらい)”という行事を行っていました。
  「福は内、鬼は外」と唱えながら炒り豆をまく習慣は、南北朝から。豆(大豆)を炒るという行為自体にまじないの意味があり、昔は各家庭で豆を炒ってまきました。

雛祭り
 女の子の節供として今日でも盛んに祝われているひな祭は、もともとは疫病などの災いから逃れるために神に供物を捧げ、除災のまじないなどを行う悪日の儀式でした。中国では、水辺で祓いの行事を行い、自分の身代わりになる“人形”にけがれを移して川に流しました。

雛人形のおこり

 中国から日本に入った“上巳の節供”に用いられる人形は、平安時代には、“かたしろ”とか“なでもの”と呼ばれていました。“かたしろ”は形代で身代わり人形のこと、“なでもの”は、、この人形で体をなでさすり、身についたけがれを乗り移させるところから生まれた呼び名です。
 
 素朴な紙人形だったものが、今日見られるような豪華なものに作り上げたのは、江戸っ子だそうです。

常識
話題・情報
熊本から後熟 緑茶
地産地消 地産地消
熊本産の玉緑茶と乾椎茸
お買い物
カートストアカートレジー
熊本城 宇土櫓
熊本から九州のお茶
パラダイム転換お茶の時間
パラダイム転換
四季を楽しむ
春-四季を楽しむ
あたため 
代金引換
宅急便コンパクト・福山通運
配達します
少量でも配達します
四季 お茶の化学
情報 商品
年中行事 スマホ
新 茶 買い物 ストア
常識  個性豊かな九州のお茶

 九州には釜で炒った釜炒り茶釜炒り茶に習った作り方をした蒸し製玉緑茶、品種の多い鹿児島産煎茶等、個性豊かなお茶が生産されています。違いを楽しんでください

携帯
2019年1月22日 10:11:14
リンク先 お茶の大和ブログ 大和ティータイム 地産地消
 ランキングに参加しています!  日本茶 ネットショップランキング ショップベルの日本茶通販

大和 熊本市南区南高江7丁目5-11
096-357-9370 ・ フリーダイヤル 0120-357937 (非通知では、電話をお受けしていません。ご了承ください。)
受付時間09:00~17:00  月曜日~土曜日  fax 096-357-9473  24時間受付   ⇒用紙ページ 

スマホ-お茶の大和