お茶の大和

お茶と人々

売茶翁 1675〜1763 煎茶人、肥前蓮池の人。始め仏門を志すも、後京都に出て茶を売って自ら給仕したので、世に売茶翁とよばれた。本名は柴山元昭、幼名は菊泉。還俗後は、高遊外(こうゆうがい)とも称した。僧号、月海。黄檗山万福寺に学ぶ。蓮池の領主鍋島家に仕える御殿医であった父、柴山杢之進と、母、みやの三男として生まれる。

57歳のとき、師の化霖が遷化すると、突如、龍津寺を法弟の大潮に任せ、京都に上洛する。61歳で、東山に通仙亭を開き、また自ら茶道具を担い、都の方々で席を設けて客を待つという、煎茶を売る生活を始める。「仏弟子の世に居るや、その命の正邪は心に在り。事跡には在らず。そも、袈裟の仏徳を誇って、世人の喜捨を煩わせるのは、私の持する志とは異なっているのだ」と述べ、売茶の生活に入ったという。
70歳の時、10年に一度帰郷するという法度によって故国に戻り、自ら還俗を乞い、国人の許しを得る。そこで自ら氏を称し、号を遊外とする。以後も、「売茶翁」と呼ばれながら、貧苦の中、煎茶を売り続ける。1755年(宝暦5年)、81歳になった売茶翁は、売茶業を廃業、愛用の茶道具も焼却してしまう。この時、「私の死後、世間の俗物の手に渡り辱められたら、お前たちは私を恨むだろう。だから火葬にしてやろう」という文章を残す。この頃は腰痛に悩まされ、高齢のせいもあり、死期の近づいたことを感じていた模様である。

以後は揮毫により生計を立てる。87歳で蓮華王院の南にある幻々庵にて逝去。

著書に売茶翁偈語などがある。

お茶と人々索引 お茶壺道中

参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶用語集索引 は行

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11