お茶のヤマト

お茶と人々

古田織部 (1544-1615) 茶の湯は千利休門下七哲の一人。
安土桃山時代の武将・茶人。織部流茶道の開祖。美濃の人。名は重然(しげなり)
織田信長
豊臣秀吉に仕えた大名で、織部正に叙任。千利休の高弟で、のち一流をなし、徳川秀忠はじめ諸大名に茶の湯を伝授。大坂夏の陣で豊臣方に内通したとの疑いを受け自刃。

「織部」の名は、壮年期に従五位下織部正の官位を叙任したことに由来している。通称は左介。千利休が大成させた茶道を継承しつつ、大胆かつ自由な気風を好み、茶器製作・建築・造園などにわたって「織部好み」と呼ばれる一大流行を安土桃山時代にもたらした。

お茶と人々索引お茶壺道中

参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶用語集 り行

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11