お茶の大和 

お茶の大和 冠婚葬祭の手引き  冠婚葬祭の手引き進物の手引き) 地域により違いがあります。ご参考になれば幸いです。

茶 話   茶の化け学   茶用語集   日本茶〈緑茶〉  常識非常識 パラダイム転換
今を楽しむ(話題・情報)  四季の提案 冠婚葬祭手引  お茶と人々 一口メモ 
ご婚礼 ご不幸 一 般
掛 紙 二枚を重ねて使用
(印刷掛紙の場合は一枚)
一枚使用 一枚使用
水 引 金銀又は、紅白を使用
結び切り
黒白又は、銀白を使用
結び切り
紅白を使用
蝶結び
熨 斗 あわび熨斗又は、松竹梅 使用しない あわび熨斗又は、わらび熨斗
表 書 寿又は、御祝 御供。返礼は志(宗派により違いがあります。) 御中元・御歳暮・御礼・粗品等目的に応じて。
寸志と志の違い
寸志 ちょっとした進物。
志 : 仏事のお返し(一般の進物の場合もある)。
粗品と寸志の違い
粗品 : 自分より目上の人へのちょっとした進物。
寸志 : 自分より目下の人へのちょっとした進物。
仏式と神式の違い
仏式 : 御香典、御仏前
神式 : 御神前、御玉串料
内祝の二通り
蝶結び : 一般祝事のお返し
結び切り : 婚礼、病気全快のお返し。
水引結び切り 熨斗あわび
水引結び切り  
水引 蝶結び 熨斗あわび のし
  名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名 書
年間行事 年 賀 1月元旦から7日まで。 水引は熨斗付きの
紅白を使用。
御年賀・御年始
御年玉は同僚又は目下に。
贈り主
中 元 7月初めからお盆の前まで。 御中元
御歳暮 12月初めから
本来は煤払い(13日)から31日まで
御歳暮
母の日 5月第2日曜日 日ごろの感謝を込めて。  
父の日 6月第3日曜日 日ごろの感謝を込めて。  
敬老の日      
  名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名 書
結婚記念式 紙婚式 結婚1年目 水引は熨斗付きの金銀
又は紅白を使用。
御祝・紙婚式之御祝 贈り主
木婚式 結婚5年目 御祝・木婚式之御祝
花婚式 結婚7年目 御祝・花婚式之御祝
錫婚式 結婚10年目 御祝・錫婚式之御祝
水晶婚式 結婚15年目 御祝・水晶婚式之御祝
サファイヤ 結婚23年目 御祝・サファイヤ婚式之御祝
銀婚式 結婚25年目 御祝・銀婚式之御祝
真珠婚式 結婚30年目 御祝・真珠婚式の御祝
さんご 結婚35年目 御祝・さんご婚式の御祝
ルビー 結婚40年目 御祝・ルビー婚式の御祝
金婚式 結婚50年目 御祝・金婚式の御祝
エメラルド 結婚55年目 御祝・エメラルド婚式の御祝
ダイヤモンド 結婚75年目 御祝・ダイヤモンド式の御祝
内祝 式後なるべく早い時期に。 各式名の後に内祝又は記念 夫婦の姓
  名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名 書
祝い事 出 産 出 産 出産後、2〜3週間後 水引は熨斗付きの紅白を使用。 御安産御祝・御祝 贈り主
出産内祝 宮参り当日か、早い時期 内祝 子供の名
婚 礼 結婚式 挙式1〜2ヶ月前から1週間くらい前まで 掛紙は2枚重ねる。
但し印刷掛紙の場合は1枚。
水引は金銀又は、紅白使用。
御結婚御祝い・
御婚礼御祝・御祝
贈り主
引出物 披露宴の終了時。 寿 両家の姓
婚礼内祝 結婚式後、約1ヶ月以内。 内祝・寿 差出人
長 寿 還暦の祝 数え年61歳の誕生日 水引は熨斗付きの金銀
又は、紅白を使用。
寿・御祝・還暦之御祝 贈り主
古希の祝 数え年70歳の誕生日 寿・御祝・古希之御祝
喜寿の祝 数え年77歳の誕生日 寿・御祝・喜寿之御祝
傘寿の祝 数え年80歳の誕生日 寿・御祝・傘寿之御祝
米寿の祝 数え年88歳の誕生日 寿・御祝・米寿之御祝
卒寿の祝 数え年90歳の誕生日 寿・御祝・卒寿之御祝
白寿の祝 数え年99歳の誕生日 寿・御祝・白寿之御祝
紀寿の祝 数え年100歳の誕生日 寿・御祝・紀寿之御祝
内 祝 式後なるべく早い時期に 各寿命の後に内祝又は記念 本人
  名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名 書
幼少期 宮参り 生後、男30日目、女31日目 水引は熨斗付きの
紅白を使用。
宮参り御祝・寿 贈り主
食初め 生後100日目又は120日目 食初め御祝・寿
初正月 生後初めての正月 初正月御祝
初節句 生後初めての節句 初節句御祝
七・五・三 三歳・五歳・七歳時の11月15日までに 七・五・三御祝
十三参り 数え年13歳の4月13日までに 十三参り御祝
  名称 進物の時期 進物様式 進物表書 名 書
その他の祝い事 病気全快祝 病気見舞品を受けた先に
対して、全快後直ちに
水引は熨斗付きの紅白を使用
(結び切り)
本復之内祝・内祝・快気之内祝
全快之内祝
当人
入園・入学祝 決定後、出来るだけ早いうちに。 水引は
熨斗付きの紅白を使用
御入学(園)御祝・御祝 贈り主
進学祝 御進学御祝・御祝
卒業祝 御卒業御祝・御祝
就職祝 御就職御祝・御祝
栄転祝 御栄転御祝・御祝
開業祝 当日までに。 御開業御祝
開店祝 御開店御祝
新築祝 新築後、半月ぐらいまでに。 御新築御祝・御祝
発表会 当日に。 御祝・発表会之御祝
祝賀会 御祝・祝賀会之御祝
成人式 成人之御祝・御祝
授章(賞)祝 決定後、出来るだけ早く。 御授章(賞)御祝・御祝
勤続祝 当日以降、出来るだけ早い時期に。 勤続之御祝・御祝
創立祝 当日または、それ以前の近い時期に。 創立之御祝・御祝
襲名披露祝 当日に。 御祝・贈
上棟式 御祝・上棟式御祝
竣工式 御祝・竣工式御祝
落成式 御祝・落成式御祝
誕生祝 誕生日当日に。 御誕生祝・御祝
種類 名称 進物の時間 進物様式 進物表書 名書
弔 事 仏 事 供え物 葬祭又は告別式当日に。 金封は黄白、黒白、又は
銀白の水引を使用。
供え物は黒リボン使用する
場合がある。
(金封の場合)
御香典・御香料・御仏前
・御霊前
(品物の場合)
御供・御仏前
贈り主
祭場供養 当日一般会葬者に配る。 水引は、黄白、黒白、または
銀白の水引を使用。
品物によっては黒わくつき封筒で
水引に代えることがある。
供養・粗供養 喪主
忌命日の供養 初七日
(死亡の前日から七日目)
お供え物は当日。 水引は黄白、または銀白
の水引を使用。
御供・御仏前・初七日の志
・今日志
贈り主
二七日 忌日の当日に配る。 水引は黄白又は銀白を使用。 二七日の志・今日志 喪主
三七日 三七日の志・今日志
五七日(いつなぬか)
(同35日目)
五七日の志・今日志
*命日より数えて七七日が
三月にわたる時は五七日を
満中陰(忌明け)その場合は、
満中陰志
七七日 満中陰の配り物は当日前後。 水引は黄白又は、銀白を使用。
満中陰志は挨拶状
を添えることが多い。
京都などの地域により、
満中陰志をほとんど用いず、
個人の戒名を記した差し紙を
作り忌明志
としている。
満中陰志・永代粗供養・
七七日忌明
一周忌 命日より数えて満1年目 故(亡) 何某一周忌
三回忌 命日より数えて満2年目 故(亡) 何某三回忌
七回忌 命日より数えて満6年目 故(亡) 何某七回忌
十三回忌 命日より数えて満12年目 故(亡) 何某十三回忌
十七回忌 命日より数えて満16年目 故(亡) 何某十七回忌
二十三回忌 命日より数えて満22年目 故(亡) 何某二十三回忌
二十七回忌 命日より数えて満26年目 故(亡) 何某二十七回忌
三十三回忌 命日より数えて満32年目 故(亡) 何某三十三回忌
五十回忌 命日より数えて満49年目 故(亡) 何某五十回忌
香典返し 忌明け法要の日以降に 水引は黄白又は黒白を使用 志・忌明・満中忌・御会葬御礼 喪主
法要のお返し 法要の当日に 水引は黒白または双銀を使用 志・粗供養・供養志・茶の子
盆返し 訪問者に当日配る 水引は黒白または黄白を使用 志・粗供養
神 事 供え物 葬祭又は告別当日に。 金封は黄白、黒白、又は
銀白の水引を使用。

金封以外の供え物は黒リボンを
使用する場合がある。
(金封の場合)
御霊前・御神前・御玉串料
(品物の場合)
御霊前・御供・奉献
贈り主
祭場の志 当日一般会葬者に配る 水引は黄白、黒白、銀白の
水引を使用。
品物によっては黒わくつき封筒で
水引に代えることがある。
粗供養・志 喪主
祭日の配り物 十日祭
(死亡当日から10日目)
当日の前後に配る 水引は黄白、黒白、
または銀白を使用。
御供・御霊前 贈り主
二十日祭(同20日目) 二十日祭の志・今日志 喪主
三十日祭(同30日目) 三十日祭の志・今日志
四十日祭(同40日目) 四十日祭の志・今日志
五十日祭
切り上げ日(同50日目)
水引は黄白、黒白、または
銀白を使用。
偲び草を配る場合には「挨拶状」を
添える事が多い。
故何某偲び草
故何某五十日祭偲び草

内部リンク
ホーム 大和の商品 大和のご贈答(ギフト) 宅配 四季の提案 常識非常識 茶話 暦と行事
 

お茶の大和   熊本市南区南高江7-5-11 ⇒地図 п@096−357−9370
熊本交通センター 川尻・宇土方面 熊本農業高校前下車 川尻駅方面へ徒歩1分 ・ JR川尻駅 熊本農業高校方面へ 直線で500m程