お歳暮・お年賀 師走-お茶の大和年末年始営業案内

2017年

丁酉
丁酉

和洋折衷の日本文化 何でもありきの面白さ!

干支の組み合わせの35番目で、前は丁酉、次は己亥。
  陰陽五行では、十干の戊は陽の土、十二支の戌は陽の土で、比和(同じ気が重なると、その気は盛んになる。その結果が良い場合にはますます良く、悪い場合にはますます悪くなる。)となります。

2018年は
大いなる飛躍の年になりますように!

2018年

戊戌
 戊戌
お歳暮・お年賀を個性豊かな九州のお茶で大福茶セット
お正月、歳神を迎えて節会のおもてなし  一年の招福を願って大福茶!!
 メールメール ご意見 お問合せ 

索 引 年中行事 新 春 新茶情報 お中元 敬老の日 お問合せ
お茶に梅
大福茶
 

大福茶湯呑み 梅干※一年の招福を願って

 お正月に、お茶に梅や昆布を入れて飲む大福茶。 時の帝の病を癒し、流行病も鎮めたことから・・・! 千余年の歴史があるそうです。

日本の伝統 隈取

日本の伝統文化・伝統行事

正月料理の代表は雑煮。お節はハレの日のご馳走を指した。

  お節料理

“節会(せちえ)”の料理のことで、季節の変わり目などの祭礼に供する料理を指します。つまりおせち料理は、正月だけでなくハレの日(神事など特別の日)に食べる非日常的なご馳走のこと。

 お年玉

 雑煮に入れる餅―が本来の“お年玉”。 餅には、歳神のミタマが入っており、それを食べれば健康や福寿、豊かな稔りを得ることが出来るとする信仰から転じて、歳神の恩恵を家族や使用人にも分け与えるお年玉という慣習が生まれました。

鏡餅

 鏡餅の語源は、平らな円盤状に作ったその形が古代の金属鏡に似ていることからと思われます

 米は、穀物〔粟、稗、黍(きび)〕の代表であり、正月は、その米に代表される穀物を人間にもたらしてくれる穀神(歳神としがみ)を迎える、最も重要な年中行事でした。

七草

古来、公家・武家の間で公式の祝日としてさまざまな儀式が行われてきた五つの節供のうちの一つ。

   (すずな・すずしろ・ほとけのざ・なずな・はこべら・せり・ごぎょう)

 五節供 1月7日 3月3日 5月5日 7月7日 9月9日が、五節供 いずれも悪日(不吉な日)でした。悪日の難を避けるために、神に捧げ物を供え、除災の儀式をとり行う必要がありました。時節の節になる日に神に供え物をして災いを福に転じるように祈ったことから“節供”といいます。“節句”は後世の表記で、本来は“供”です。

 供若菜 7日に若菜を食べる習慣は、日本では、“供若菜(若菜を供(ぐう)する)”と呼ばれ、平安時代の公家の間で盛んに行われました。 一方、公家の行事とは別に、正月15日に七種の穀類をかゆにして食べる風習が民間にあり、この七草の羹と七種のかゆが混同して“七草粥”の行事が生まれてとされています。

鏡開き・蔵開き

 正月の鏡餅を下げ,砕いた小片を雑煮や汁粉に入れて食べる祝い。主として1月11日の行事。武家では甲冑を納めた櫃を開く具足開きが,町家では蔵開き,帳祝いが行われ,鏡餅を下げて主従や家族どうしで共食し,互いの関係を密にした。農家でも田打正月,鍬初めなどといって田畑に初鍬を入れ,同時に雑煮や汁粉を食べた。
 ともあれ,この日に鏡餅を下げて大正月に一応の区切りをつけ,新たな仕事を開始しようとする観念があったのであり,現在でも行っている所は少なくない。

 

 九州熊本・鹿児島のお茶を主にブレンドした 当店独自のオリジナル商品です!!
大福茶セット 大福茶(オオフクチャ)とは!? 
紀州南高梅
紀州南高

熊本産玉緑茶
熊本産玉緑茶
 
お歳暮のお勧め品 ⇒今を楽しむ(大福茶)
お茶に梅 大福茶と招福金
お正月に!!
大福茶セット 緑茶セット(大福茶) 大福茶-お歳暮ギフト招福金 南高乃梅と玉緑茶-大福茶セット 
緑茶+招福金セット  緑茶+招福金セット 緑茶+招福金セット 緑茶+招福金セット 熊本産玉緑茶+紀州南高乃梅 
 お歳暮ギフト
ギフト
玉緑茶セット1  煎茶セット1  お茶の大和 緑茶平セット 2 煎茶・玉緑茶セット3 緑茶平蓋付セット 3 緑茶カートンセット2 香茹セット
香茹セット
※椎茸(香茹)セット
※価 格
¥2,000/¥3,000 (税抜)
※熊本産椎茸(香茹)セット 熊本産香茹セット
九州熊本産椎茸です。 ¥1,100 (税抜)
 熊本産椎茸にこだわってセットしています!!
手料理上手なお友達と椎茸を使った料理挑戦してみませんか!!
熨斗紙の書き方等は、冠婚葬祭の手引き⇒ご参考に  
NPプロテクションズアトバラ
地方特産品
地方特産品
日本茶 ネットショップランキング
  Shop-Bell   地方特産品
お茶の大和   熊本市南区南高江7-5-11 地 図 
п@096−357−9370 
フリーダイヤル 0120-35-7937
受付時間09:00〜17:00  月曜日〜土曜日  fax 096-357-9473  24時間受付   ⇒用紙ページ 
熊本交通センター 川尻・宇土方面 熊本農業高校前下車 川尻駅方面へ徒歩1分 ・ JR川尻駅 熊本農業高校方面へ 直線で500m程