お茶の大和 化学 お茶の大和 茶の化け学(化学)

茶葉の化学成分
 茶の生葉は75〜80%の水分を含み、その余は固形物であって、この中にはタンニンプリン塩基(カフェインを主とする)、たんぱく質、アミノ酸、アミド。炭水化物としては塘、デキストリン、でんぷん、セルロース、ペクチン等。植物色素としては葉緑素、カロチノイド、フラボノール誘導体、アントシニアン等。その他ろう質、樹脂類、有機酸、製油、酵素、ビタミン、無機成分(灰分)、等を含んでいる。
 一般の植物成分に比べて特異な点は、テアニンやカフェインを含むこと、タンニンの含有量の多いこと、および無機成分として、マンガン、ふっ素が多いことなどである。

新茶行全書より引用

茶の化学 プリン塩基

プリン塩基

 茶に含まれているプリン塩基には、カフェイン、テオフィリン、テオプロミン、テトラメチル尿酸、グアニン、キサンチン、ヒポキサンチン、アデニン等が、知られているが、この中でカフェインが主要なものであり、また、テトラメチル尿酸、とテオフィリンは茶以外のものに見出されていない。
 カフェインは、最初コーヒー中に発見せられ、その後茶の中にも見出されたので、一名茶素(テイン)とも称せられる。これを含んでいる植物は割合に少なく、茶、コーヒーの他にはココア、マテ、コーラ、ガラナ等数種に過ぎない。茶はこれの中でも比較的カフェイン含量の多いものである。

参考文献:新茶行全集から引用

参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蔵書のページ

ページトップ  茶の化け学ホーム 五十音訓索引(茶用語集)

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11 ⇒地図