自然の恵みを大切に!!  お茶の大和

お茶の大和 暦と行基 暦と行事  識非常識  の野菜 を楽しむ

四季年中行事 年中行事 四季の提案
暦と季節詳しくは 国立天文台⇒暦計算室  国立国会図書館⇒日本の暦 暦の歴史日本の暦
 元々、太陰太陽暦で行われていた日本の行事・しきたりを、明治以降今の新暦に取り入れられて、ずいぶん無理をして行事が行われているように感じます。行事と季節がかみ合わない。そう感じませんか?

 暦の歴史を見ると改暦が幾度もなされています。古来からの伝統的な行事ごとを、季節に合わせて今の新暦と組合わせたらどうでしょう。

面白いとは思いませんか!!

    温暖化・食糧自給・環境問題を考えるとき、私は、この暦を大事にしていきたいです。
二十四節気 こ よ み 日本の行事 無用の用
四季の提案
節 気 中 気  
立 春 雨 水
啓 蟄 春 分
清 明 穀 雨
立 夏 小 満
芒 種 夏 至
小 暑 大 暑
立 秋 処 暑
白 露 秋 分
寒 露 霜 降
10 立 冬 小 雪
11 大 雪 冬 至
12 小 寒 大 寒
☆月は旧暦の月です。
☆立春は新暦で2月になります。
晩秋09月29日  寒露10月08日  霜降10月24日
十月 神無月 年中行事 情報・話題話題・情報
1日労働衛生週間(7日迄)法の日 共同募金 北海道鳥獣狩猟解禁
4日里親デー 5日亥の小餅 達磨忌
8日寒露 9日国際文通週間 世界郵便デー
10日目の愛護デー 11日十三夜
14日体育の日 鉄道の日 望月 17日貯蓄の日
18日統計の日 20日えびす講 誓文払い
21日土用 22日即位礼正殿の儀
23日電信電話記念日 24霜降 国連の日
26日原子力の日 27日読書週間(11月09日迄)
28日旧十月(初霜月) 速記記念日 29日旧亥の子餅 炉開き
四季折々

 日本のお茶(緑茶)は、季節と共に常に変化しています。5月の噎せるような陽気の中、新茶はさわやかな香りを提供します。 この新茶が、少しずつ熟成され、晩秋から翌春にかけてコクのある大人の味と香りをはぐくみます。

二十四節気
春 秋
立春(りっしゅん)
 新暦の2月4日ころ。立春のころは、1年のうちでも最も気温が下がる時期。徐々に暖気が増してくるので、春の訪れ、春立つ日として立春と名づけたもの。
“八十八夜・二百十日”等は、この立春から数えたもの。
立秋(りっしゅう)
 新暦8月8日ころ。まだまだ暑い日が続きますが暦の上では、秋です。 時候の挨拶では立秋を過ぎると“残暑”と表現する。
  残暑御見舞
雨水(うすい)
 新暦2月19日ころ。南方から湿気を含んだ温かい風が吹き始め、それが雨となって雪や氷を解かし始めるという意味です。
処暑(しょしょ)
 
新暦8月23日ころ。“処”はとどまる。暑さがとどまることを表しています。寒い地域の方は、秋を感じ始めるでしょうが、熊本はまだまだいつまで暑いこの暑さです
啓蟄(けいちつ)
 
新暦3月6日ころ。“啓”は開く、“蟄”は地中の虫。 春の訪れとともに、地中の虫がはい出してくる時期という意味。
白露(はくろ)
 新暦9月8日ころ。白い露が葉の上に見えだす時期とも、白い露のようなもやが漂う。いよいよ秋らしさが増してくる季節。
春分(しゅんぶん)⇒お彼岸
 新暦3月21日ころ。春を真ん中で分ける点にあたるので、春分。昼夜の長さが、ほぼ等しい。 “春分の日”新緑がまぶしく、生き物が、輝きだす。自然を讃え、生物をいつくしむ日。
秋分(しゅうぶん)
 新暦9月23日ころ。旧暦8月中気にあたり、秋の彼岸の時期。太陽が真東から真西に沈むことから、先祖を敬い、遺徳を偲ぶ日ともされる。
清明(せいめい)
 新暦4月5日ころ。すがすがしく明らか。この時期の空気を表現したもの。
寒露(かんろ) 新暦10月8日ころ。冷気が増し始め露が今一歩で凍りだす時節です。 熊本は一番過ごしやすい季節!!
穀雨(こくう)
 新暦4月20日ころ。百穀を生じさせる雨。春雨。この穀雨までが春です。
霜降(そうこう)
 新暦10月23日ころ。霜が降りはじめる季節の意味で、寒気の到来です。ここまでが暦上の秋です。熊本はそろそろ紅葉が楽しめます。 
夏 冬
立夏(りっか)
 新暦5月6日ころ。暦の上でこれから夏です。といってもまだまだ本番の夏の暑さは先のことです。
 新茶の季節 新緑の香りを楽しむ!!
立冬(りっとう)
 新暦11月7日ころ。冬のスタートです。とはいっても、本格的な冬はまだ先のこと。
 この日から暦上の冬です。でも日本列島は北から南まで長いので、冬と秋が同居していますよね!!
小満(しょうまん)
 新暦5月21日ころ。万物が次第に成長し、ひととおりの大きさに成長する時期。このころ麦が穂をつけるので、ほぼ満足できるので、小満。
小雪(しょうせつ)
 新暦11月22日ころ。小雪がちらつき始める時節の意味。日本の大部分の地域では、まだ雪の季節ではないのですが。
芒種(ぼうしゅ)
 新暦6月6日ころ。“芒種”とは、稲や麦のように、のぎのある穀物の種を意味します。麦を刈り取り、稲を植える季節。日本列島、南北に長いですから、あくまでも暦上のことです。
大雪(たいせつ)
 新暦12月7日ころ。大いに雪が降る時節。しかし日本の実情からいうと、かなり違いがあります。

“雪いよいよ降り重ねる折からなれば也” 暦便覧

夏至(げし)
 新暦6月21日ころ。最も日照時間が長い日。夏の盛りを意味しますが、日本は、この時期に入梅(6月11日ころ)があり、盛夏とはとてもいえない。
どくだみの陰干し、カビにご用心
冬至(とうじ)
 新暦12月22日ころ。最も日照時間が短い日。 立春を年初めとしたのは、中国の漢代に成立したといわれ、それ以前は冬至から新年をスタートさせていたそうです。
“冬至から畳の目だけ日がのびる”
小暑(しょうしょ)
 新暦7月7日ころ。いよいよ夏らしい暑さが始まるので小暑。
“小”はややの意味。
小寒(しょうかん)
 新暦1月5日ころ。寒気が厳しくなり始めます。
“小寒の氷、大寒にとく”
大暑(たいしょ)
 新暦7月23日ころ。大いに暑い時期の意味。季節感からするとこれからが夏本番ですが暦のうえでは、この大暑までが夏です。(暑中見舞い)
大寒(だいかん)
 新暦1月20日ころ。一年中で最も寒い時節という意味。この大寒までが、暦上の冬。この時期を過ぎると“寒明け”と表現します。

太陰暦では、季節がずれてしまうので、この二十四節気を組み合わせたもの

 私は、今の新暦とこの二十四節気を組み合わせた新しい暦を、日本の今の気候に合わせて作っても良いのではと考えています。そして日本の年中行事を改めてその暦に合わせ、自然の営みを肌で感じるゆとりがほしいと思います。

 参考資料                                                
著者 藤巻壬彦 「五節供・二十四節気・年中行事のしきたりと祝い方」を参考にしました。

お茶の大和   熊本市南区南高江7-5-11 ⇒地図 ℡ 096-357-9370
熊本交通センター 川尻・宇土方面 熊本農業高校前下車 川尻駅方面へ徒歩1分 ・ JR川尻駅 熊本農業高校方面へ 直線で500m程