お茶のヤマト お茶の大和 茶の化け学(化学)

茶葉の化学成分
 茶の生葉は75〜80%の水分を含み、その余は固形物であって、この中にはタンニンプリン塩基(カフェインを主とする)、たんぱく質、アミノ酸、アミド。炭水化物としては塘、デキストリン、でんぷん、セルロース、ペクチン等。植物色素としては葉緑素、カロチノイド、フラボノール誘導体、アントシニアン等。その他ろう質、樹脂類、有機酸、製油、酵素、ビタミン、無機成分(灰分)、等を含んでいる。
 一般の植物成分に比べて特異な点は、テアニンやカフェインを含むこと、タンニンの含有量の多いこと、および無機成分として、マンガン、ふっ素が多いことなどである。

新茶行全書より引用

茶の化学 保健性成分 ビタミンP

茶の保健性成分

 1827年、茶の中に始めてカフェインが発見されて、茶の科学的研究が盛んになり、その後ビタミンの研究が進むと、茶もまた各種のビタミンを含み、そのうちあるものは豊富に含まれていることが明らかになった。さらに、葉緑素の有効性や、ルチンその他多数のフラボノ−ル化合物を含有することの発見などで、喫茶のかっての目的とした薬理的または保健的効果が再認識されてきた。
 特に、緑茶は、紅茶のように製造工程中に酵素作用による保健生成分の分解(例:還元型ビタミンCは、煎茶では300mg%程度含まれているのに、紅茶では皆無である。またカロチン、ビタミンB
1、B2、も明らかに緑茶に多い))も少なく、自然の恩恵を十分に受けている。
 さらに、炭水化物を主食とする日本人には、特に必要なB
1、B2も割合に多く含まれ、B1、B2、Cともに湯にたやすく溶けるので、日常の喫茶方法で容易に摂取できるのは好都合である。

ビタミンP

 ペーパークロマトグラフィーの手法が茶の化学成分の研究分野に導入されて以来、多数のポリフェノール化合物が分離され、このうちの一つとしてルチンが証明された。これは血管壁の強化作用があり、高血圧に対する製剤として市販されている。
 茶葉のルチンは、5月の伸育期には少なく、秋期の硬化葉に多い。紅茶用5品種で得られた含量は、一番茶で212〜439mg%(平均340mg%)、二・三番茶は211〜595mg%(平均415mg%)で、春茶は夏茶よりも少ない。

その他の保健性成分

 ビタミン類の外に、茶の保健成分として、無機成分(灰分)を挙げることができる。茶葉には5〜6%の灰分があって、このうち60〜70%近くが、熱水に可溶である。

参考文献:新茶行全集から引用

資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ページトップ  五十音訓索引(茶用語集) 茶の化け学

自然の化学工場を大切にしましょう!!

お茶の大和ホーム茶話茶用語集

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11 ⇒地図