お茶の大和

日本茶(緑茶)の種類

ホーム 茶(さわ)話 暦(こよみ)・季節 常識非常識 熊本の民話 蔵  書 (資)大和商会 大和の商品 大和のギフト お問合せ
玉 露
 おおい下(あらかじめ多量の有機質の窒素肥料を施し、茶の木を、一番茶期に“よしず”や“わら”・“こも”で囲み)茶の芽を日光に直接さらさないようにして育てたもの。 天保6年に江戸の茶商六代目山本徳翁が創製したといわれています。                                      
 うまみの成分がおおく含まれ、おおい香と呼ばれる独特の香りが特徴です。
 お酒で例えるとブランデーですか?舌の上で転がして、味と香りを楽しみます。

 九州では八女が産地です。
玉露
(形状は伸び形)
抹 茶
 玉露と同じような覆下茶園で栽培された茶を原料にして、揉まないで乾燥します。(てん茶) 品質は濃いさえた緑色と、味のうまみを強く要求する為“おおい”のよく効いた茶を使います。このてん茶を石臼でひいたものを、抹茶といいます。
 食べるお茶の原点だと思っています。
  • お菓子や、料理にも利用してみてはいかがですか?
    • (加工用抹茶)


抹 茶
煎 茶
煎茶とは、葉を煎出して飲む茶という意味でしたが、今では、蒸し製緑茶で伸び形(まっすぐな形)のものをいいます。全国の茶園(製茶工場)で最も多く製造されているお茶で、日本茶(緑茶)というと、煎茶をイメージする人が多いと思います。
 それだけに煎茶といっても産地や製造過程、お茶屋さんの嗜好によっても味や香りが違ってきます。むしろ違いを楽しむと、考えたほうが面白いと思います。
 お酒で例えるとウイスキーですか?のど越しの味と香りを味わう。

 九州各県で生産されていますが、特に鹿児島・宮崎・福岡八女地方が、生産量が多く有名です。
煎茶
(形状は伸び形)
玉緑茶(たまりょくちゃ)
 大正末期ごろからソ連向けの緑茶として生産されたお茶で、九州の釜炒り茶に習ったもの。煎茶と同じく蒸して作りますが、形状が、丸まった形をしています。グリ茶ともいわれ、今は主に九州熊本や佐賀(嬉野)・宮崎で作られています。味や香りも煎茶に近いのですが、煎茶の持つ青臭を抑えるつくり方をします。
 水色は、多少黄色になります。

 お酒で例えるとやはりウイスキーですか?
 「輸出商品として・・・」でも判るように洋食にも合うような気がしています。
玉緑茶
(形状は玉形)
釜炒り茶                       
煎茶や蒸し製玉緑茶が、蒸して作られるのに対して、釜で炒る作り方をします。佐賀長崎方面で作られる釜炒り茶を嬉野製、熊本・宮崎の山間部で作られる釜炒り茶を青柳製(あおやぎ)といいます。嬉野製は“かま”を45〜50度に傾斜させて築き、生葉の投入量が大きいのに対して、青柳製はやや小さい“かま”を水平にすえつけて製造します。青柳製は白粉をまぶしたようになっているお茶を良しとしていたようです。もし手に入れられたらカビと思わないでください?                                          
 嬉野製にしても青柳製にしても煎茶に、押されて生産量が減ってきています。

 お酒に例えると、地酒の焼酎というところですか?
釜炒り茶
(形状は玉形)
番 茶
 本来は遅く摘採する晩茶の意。
原料が古葉や硬い新葉で、原料が硬化してから摘採して製造するのと、荒茶を仕上げ中に選別されるものと二通りある。煎茶と番茶の厳密な区分はない。
 今は安いお茶を指して番茶という人が多くなった。

 番茶の定義は、地方によって違います。お茶の専門店で「番茶ください」と言ってもお客さんが求める番茶が手に入るとは限りません。面白い話があったら教えてください。


刈茶製法場
『広益国産考』

お茶屋さんが売っているお茶の種類、まだまだたくさんありますが
製造される過程の違いでの見分け方を書きました。
 お茶屋さんが勧める“美味しいお茶”と、お客様が求める“美味しいお茶”は違うのではないかと思っています。
お茶は嗜好品ですから人によって、地域によって、時代によって、
一緒に出される食べ物によっても違うのが当たり前ではないでしょうか。

  あなたが美味しいと思われるお茶を探してみませんか?

          参考資料
                            新茶業全書・くつろぎの茶を参考にしました。
 茶話へ  ホームへ  大和の商品  大和のギフト  ページトップへ  
お茶の大和 熊本市南高江7丁目5−11