お茶のヤマト

お茶と人々

千利休 (1522-1591) 安土・桃山時代の茶人。利休流茶道の開祖、織田信長に茶をもって知られ、豊臣秀吉に仕え天下一の茶匠といわれた。和泉国堺の人。法名は宗易。村田珠光相伝の侘茶武野紹鴎に学ぶ。

利休はさまざまな新しい試みを茶道に持ち込んだ。(らく)をはじめとする職人を指導して好みの道具を作らせるとともに、みずからも茶室の設計、花入茶杓の製作など道具の製作にも熱心であった。紹鴎の時代にあってもまだ煩雑であった茶会の形式をさらに簡略化するとともに、侘び道具を製作・プロデュースして、多くの支持者・後継者に恵まれたことが、利休を侘び茶の完成者と言わしめる由縁である。

お茶と人々索引 お茶壺道中

参考資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

茶用語集索引 さ行

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11