お茶の大和

お茶のヤマト お茶と人々お茶壺道中   茶話〈知識・情報〉知識・情報
足利義満 
        アシカガヨシミツ
足利三代将軍 宇治茶の発展を促し、宇治七園を指定し茶種の改良につとめた。
栄西禅師 エイサイゼンジ 『喫茶養生記』の著者 中国から茶を伝来し、わが国の茶祖と称せられる。
大島康義 辻村みちよと共に3種のカテキンを結晶状に得る。
蒲生氏郷 ガモウウジサト 茶の湯は千利休門下七哲の一人
弘法大師 コウボウダイシ 土佐(高知)地方で作る中国の茶餅風の一種の磚茶(碁石茶)を伝授したといわれる
酒戸弥二郎 昭和22年、覆下園や老樹の茶芽に比較的多く含まれているテアニン(旨味の成分)を研究分析して発見する。
芝山宗綱(監物) 利休七哲の一人。千利休の高弟七人の一人
鈴木梅太郎 1910年、米の糠から抗脚気因子として世界初のビタミンであるアベリ酸(のちにオリザニンと改名=ビタミンB1)を発見した。
瀬田正忠(掃部) 利休七哲の一人。千利休の高弟七人の一人
千利休 安土・桃山時代の茶人。利休流茶道の開祖、織田信長に茶をもって知られ、豊臣秀吉に仕え天下一の茶匠といわれた。
高山右近重友 (1552-1615) 茶の湯は千利休門下七哲の一人 キリシタン大名
大典顕常
        ダイテンケンジョウ
売茶翁のよき理解者として煎茶道を広めることに尽力し『茶経評説』などを著している。
辻村みちよ 3種のカテキンを結晶状に得る。我が国初の女性農学博士。
売茶翁 バイサオウ 1675〜1763 煎茶人、肥前蓮池の人。始め仏門を志すも、後京都に出て茶を売って自ら給仕したので、世に売茶翁とよばれた。著書に売茶翁偈語などがある。
細川忠興(三斎) 茶の湯は千利休門下七哲の一人
牧村利貞(兵部) 茶の湯は千利休門下七哲の一人
源実朝 『栄西禅師の著。「喫茶養生記」上下二巻が、建保二年、に献上された』とされている。
山本徳翁 江戸日本橋茶商山本山六代目。天保六年に玉露を創製したといわれる。
明恵上人 1173〜1232 鎌倉時代の華厳宗の名僧。栄西に参禅修行し、茶種子を貰って栂尾に植え、この頃より喫茶の風習が行われるようになった。
陸羽 リクウ 中国唐の時代の人で茶祖といわれる。茶経を著し、茶の製法、点茶法、茶道具使用法を詳しく伝えた。これより中国の茶は興隆したといわれる。
リプトン Lipton イギリスの茶業王といわれる人で、インド、スリランカの各地に工場を経営し、全世界にリプトン紅茶として販路をもっている。
参考資料:新茶業全書 
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蔵書のページ
ページトップ  五十音訓索引(茶用語集)
お茶の大和ホーム
 

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11⇒地図