お茶の大和

お茶のヤマト お茶の大和 茶の化け学(化学)

茶葉の化学成分
 茶の生葉は75〜80%の水分を含み、その余は固形物であって、この中にはタンニンプリン塩基(カフェインを主とする)、たんぱく質、アミノ酸、アミド。炭水化物としては塘、デキストリン、でんぷん、セルロース、ペクチン等。植物色素としては葉緑素、カロチノイド、フラボノール誘導体、アントシニアン等。その他ろう質、樹脂類、有機酸、製油、酵素、ビタミン、無機成分(灰分)、等を含んでいる。
 一般の植物成分に比べて特異な点は、テアニンやカフェインを含むこと、タンニンの含有量の多いこと、および無機成分として、マンガン、ふっ素が多いことなどである。

新茶行全書より引用

茶の化学 有機酸

有機酸

 植物の有機酸は、呼吸や代謝との関連において、その生理的意義が重要視されている。茶葉中の有機酸で呼吸に関係のあるものとしては、コハク酸、りんご酸、クエン酸等がある。脂肪酸に属するものは、ギ酸酢酸、らく酸、プロピオン酸、吉相酸、へキセン酸、カプロン酸カプリル酸パルミチン酸等がある。脂肪酸類は、香りに関係しているが、良香とはいえない。また、遊離型有機酸としてシュウ酸が多量に含まれている。

 フェノール性有機酸のうちでは、没食子酸が最も重要で、含有量も多い。その大部分はカテキンと結合して存在する。残りの少量が、キナ酸と結合してテオガリンとなり、また遊離状態でも存在する。この他、P-クマル酸、コーヒー酸も遊離状態またはキナ酸と結合して存在する。
 シキミ酸は、キナ酸とともに、茶葉中で糖からタンニンの合成経路の中間物質として重要であり、少量存在する。

参考文献:新茶行全集から引用

資料:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ページトップ  五十音訓索引(茶用語集) 茶の化け学

自然の化学工場を大切にしましょう!!

お茶の大和ホーム茶話茶用語集

お茶の大和 熊本市南区南高江7丁目5−11⇒地図